アグアドはただのニス塗り職人だったのか?

アグアドはただのニス塗り職人だったのか?

aguado

世界の名器コレクターの垂涎の的となっているエルナンデス・イ・アグアド。

製作のエルナンデスとそれを支えたセラック塗装の名人として知られたアグアドの合作として
知られるこの楽器は、今でも他の追随を許さない独自の魅力を放ち演奏家や聴衆を魅了し続けています。

しかし巷に喧伝されているニス塗り職人としてのみ製作に関わったと言う事は本当なのか。
絵画をたしなみ、ギターをデ・ラ・マーサ
やフォルテアに手ほどきを受け、
生涯ギターに熱い情熱を注ぎ続けた彼の素顔はあまり知られていません。

Carta de Aguado

 

2016年03月06日(日) 15時からレオナルド・ブラーボのアウラサロンコンサートが行われます。

そしてご来場の方々には、その知られざるアグアドのギターに寄せる想いを垣間見ることが出来る
彼の貴重な直筆の手紙のコピーと
その翻訳文をお渡しします。

 

彼らは何故ピアノ職人からギターの製作へと転身したのか。
エルナンデスとアグアドの二人とデ・ラ・マーサとの出会い。
エルナンデス・イ・アグアドの楽器はなぜエルナンデスと言わずアグアドと呼ばれるのか。

日本のギター製作界に与えた影響は。
ナットを黒檀と骨を接合して作ったのは只の装飾なのか、はたまたそのナットを入れる溝の幅を大きく取ったことには意味があるのか。
フレッチングに関しての問題とその課題に取り組んだ日本の製作家たち。
ベレサール・ガルシアのヘッドデザイン作成の秘話。
材料にピアノの響板や古い家具を用いたというのは本当か。

アグアドが病に倒れたのち、マルセリーノ・ロペスは一体何本のアグアドブランドのギターを製作したのか。

 

新進気鋭からベテランまでの邦人製作家がコンサートのあと、その印象を心に抱きつつ、
様々な疑問を率直に語り合うアフタートーク座談会
を無料で開催予定!

コンサートプログラムは昨年彼の祖国アルゼンチンでも、熱狂的に受け入れられたアルゼンチンのタンゴがメインのプログラムになっています。

スペインが生んだ名器の一つ、エルナンデス・イ・アグアドで奏でられる音の美しい本物のアルゼンチン・タンゴを聴き、
その楽器の音色の秘密に迫るひととき。

 

 

 

 

この機会にぜひお見逃しなく、残席あとわずかです!

 

詳細下記の画像をクリックしてご覧ください。

レオナルド・ブラーボ コンサート