ホセ・ラミレス III世 Jose Ramirez III Centenario camala 1989年 新入荷いたしました!♪

ホセ・ラミレス III世 Jose Ramirez III Centenario camala 1989年 新入荷いたしました!♪

1933年、アルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。3歳の時に父のII世と共にマドリッドに戻り、18歳より工房に入り父の仕事を手伝う様になりました。その後1957年よりその工房を引き継ぎ、1960年代に入ってから表面板に米杉を初めて使用。ボディを大型にし弦長を664mmと長くし、横板の内側にシープレス材を張り音量の増大と暖かく艶やのある伸びやかな音色を実現させる事に成功。セゴビアの使用する楽器として大変有名になった事は良く知られています。

1982年から製作開始されたラミレス最高級品センテナリオ カマラ仕様です。
表面板高音側指板脇割れ修理がありますが、他は綺麗な状態です。
ネックやや順反りの傾向がありますが弦高は弾きやすく調整され、サドルの余裕も少しあります。
音の伸び、バランス良好で良く響いています。

糸巻:ロジャース ブラス(イギリス製)

001_joseramirez_3_03_189L







ホセ・ラミレス III世 
Jose Ramirez III



664㎜
杉単板
中南米ローズウッド