マヌエル・ラミレス Manuel Ramirez 年代不詳(1900年頃)(クラシックギター)新入荷しました♪

 

マヌエル・ラミレス Manuel Ramirez 年代不詳(1900年頃)(クラシックギター)新入荷しました。

マヌエル・ラミレスはトーレスのスタイルを研究開発し、型作りを少し大型化して独自のスタイルを確立しました。
アルラバン工房には「王立音楽院の弦楽器 製作者」という看板を掲げることを許され、ギター製作家最高の名誉を与えられました。今日でもトーレス以来、最も影響力のあった製作家と言われています。

この楽器は表面板、横裏板に割れ修理が有りますが、全て修理されており問題有りません。
全面セラックニスにて塗り替えられており年代の割に良好な状態です。音はシープレス材らしく軽めの音質ながら奥深い味わい深い音質です。

画像をクリックして頂きますと、商品ページをご覧頂けます。

001_013_002L


マヌエル・ラミレス
Manuel Ramirez
年代不詳(1900年頃)
650mm
松単板
シープレス単板