HOME練習のヒント初心者ガイド > 13.練習時間がなかなかとれなくて
13.練習時間がなかなかとれなくて
学生の方は比較的条件がよいと思いますが、社会人の方はなかなか練習時間を確保することが難しいのではないかと思います。 時間がとれても、「飲む」方が優先だ!という方もいらっしゃることでしょう。 なるべくなら単調な基礎練習を減らして、好きな曲に取り組みたいというのは人情です。 できれば指のウォームアップの時間を最小限にしたいと思う気持ちはプロもアマチュアも同じです。 プロの方は独自のいろいろな方法を実践されていることと思いますが、ここでは誰にでもできて効果のある簡単なウォームアップの方法をお話ししたいと思います。 ウォームアップなのですから決して無理をしたり、やりすぎてはいけません。 でも、うまくやれば通勤時間を生かしたトレーニングとすることも可能です。 1.基本動作: 手を軽く握り、片方ずつでかまいませんから、グー・パーをゆっくり32回くりかえします。 このとき、パーの方にほんの少しだけ力を入れてください。 これは比較的安全な動作ですから、無理をしない限り、多めにやってもかまいません。痛みを感じる方はやらないでください。 2.応用動作: というと大げさで、やることはグー・パーです。 今度は、グーからはじめ、パー・グー・パーを1単位とし、基本動作より少し早めに動かします。 高齢の方ではかなり無理がかかるかもしれませんので、くれぐれも注意してやってください。 楽にできる方は、1単位のスピードを上げると、トレーニング後のスラーの軽さや正確さが変わるのがわかると思います。 どの動きでも、動かす瞬間以外はできるだけ脱力してください。 1単位ごとに力が抜けていくのを確認してください。力をつけるのではありません。 瞬発力の訓練ですから、力んでしまっては効果がないだけでなく、逆に手を壊してしまう恐れもあります。 ご自分の手に合った、無理の無いスピードと回数をご自身で見つけてください。 この運動は、単純な日常動作ですから安全性が高いはずですが、実践はあくまで自己責任でやっていただかなくてはなりません。何かトラブルが起こっても責任は負いかねますのでご了承願います。
beginer-2 beginer-2