HOME練習のヒント初心者ガイド > 17.早いスケールを弾きたい
17.早いスケールを弾きたい
早いスケールが曲の中でキラリと光るのは爽快で、あんな風に弾けたらいいなと思わせます。 実際には早くて長いスケールというのはあまりなくて、瞬間的に現れる短いものがほとんどです。 また速度も、実はそれほど速くないのが普通です。 それなのにどうして早いスケールをうまく弾けないのでしょうか。 原因の主な部分は右手にあると考えられています。i,mを交互に動かすだけであれば結構早く動くのに、弦を弾こうとするとうまくいかない。 それは、i,mの動きが単純な往復運動ではないからです。 行きと帰りが同じであれば、弦を2回弾いてしまうわけですから、もどるときには弾いた時とは別の動きをしなくてはなりません。 しかも連続的に。また、2本の弦を移動しなくてはならない場合もよくあります。 このときに指の角度がくずれて均一な動きがしづらいのです。 これを完全に避ける手段として、p,iでスケールを弾くという方法があります。 現在、p,iを使うスケールは主要な選択肢ではありませんが、どうしてもi,mでうまくいかないときは考えてみてもいいのではないかと思います。 この方法の利点は、右手の形を変えずにスケールを弾けること、音色の変化をコントロールしやすいこと、スピードをコントロールしやすいことです。 つまり、スケールにさしかかっても緊張せずに飛び込めるし、スケールが重い音になるのを避けられます。 一方、欠点としては、基本的にアポヤンドできませんので、よけいな音が残りやすい点が挙げられます。 また、i,mのように、どんなスケールにも使えるというわけにはいかないかもしれません。 しかし、ある程度練習すれば、ほとんどの早いスケールで実用に足ることを確認しています。 そして、実際にp,iで弾くかは別としても、左手のチェックに使えるという利点があります。 p,iで早く弾けるようになってくると、問題は実は右手だけではなく、左手の動きが足を引っ張っているのがわかってきます。 とくにポジションの移動の際にに気づくと思います。 どうしてもi,mでスケールをうまく弾けないという方は試みてはいかがでしょう。 でも、先生についておられる方は、「邪道である!」と叱られる恐れがありますので、念のため。
beginer-2 beginer-2