HOME練習のヒント初心者ガイド > 18.強靭な左手が欲しい
18.強靭な左手が欲しい
演奏力は腕力や握力ではない、と言いたいところですが、実際には指の力はとても大切で、難しい曲を弾くにはそれなりのパワーが必要です。 また、レベルに合った練習曲や適切な課題によって、楽しんでいるうちにいつの間にかパワーがついているのが理想ですが、これも現実には口で言うほど簡単でないことが多いと思います。 そこで、指のパワーや柔軟性を維持・増進するのに役立つ練習として、第1ポジションでの「オクターブの繰り返し」をご紹介したいと思います。 初心者がいきなりやるには負荷が大きすぎる場合もありますから、やる前には必ず音階練習や指のストレッチを行い、急に無理がかからないようにしてください。 やり方は、通常のオクターブ練習と同じように、6弦の開放弦と4弦の2フレットのミの音のオクターブをスタートにして半音ずつ進み、1弦のソ#(4フレット)までの間を往復します。 右手はp,iでかまいません。和音にしないで音をひとつずつ鳴らしても効果は同じです。 ポジションは移動せず、4フレットまでの間で指を次々に変えていきます。4を使うときがなかなか難しいと思います。 少し慣れてきたら、一回に2往復、3往復と連続して練習します。更にはできるだけ早く往復します。 練習上の注意: 力はできるだけ抜いてください。押さえ込もうとせずに、弦の上に指を乗せていく気持ちで、軽く押さえてください。 それでも往復はかなりきついと思います。 慣れてきたら1日に3往復を3セットくらいどうでしょう。効果は1週間もすると実感できます。 連続して行うと手が痛くなりますから、絶対に無理はしないで休みを入れてください。
beginer-2 beginer-2