HOME練習のヒント初心者ガイド > 7.左指がたいへん
7.左指がたいへん
ギターを手にして間もない方は、左手が押さえづらいことに悩まされると思います。 まだ指に柔軟性がありませんから、不必要な力ばかり使って、肝腎な音がちゃんと鳴らないという苛立ちを感じるかもしれません。 とくに低音弦は太くてビリつきやすく、ちゃんと音が出ないのはギターが悪いのではないかと疑ったりします。 正しい練習なくこの段階から抜け出すことはできません。 多くの先生は初めにフレットに近い位置を押さえることをすすめると思います。 フレットとフレットの間隔は3センチから1センチくらいまでありますが、フレットのすぐ近く(胴体に近い方)を押さえる方が小さな力でしっかり押さえることができます。 (先生によってはフレットとフレットの中間を押さえるのが正しいとする場合があります。) また、フレットの真上では、しっかり押さえられますが、振動する弦に指が触れるため、音がぼやけてしまいます。 そうは言っても、和音を押さえるときに全部の指がフレットの近くを押さえられるわけではありません。 これは体格的にしかたがないので、力が弱い小指を優先してフレットの近くに置き、人差し指のように動きの楽な指をそれに合わせて押さえます。 これは大変なことに感じられるかもしれませんが、各指のバランスがとれてくると、考えなくてもだんだん指が勝手に調節してくれるようになってきます。どのくらいの期間でそうなるかは、その方の練習量によります。 いずれにせよ、無理にギュウギュウと押さえ込もうとしないで、冷静に左手を見てください。鏡を置くと自分の手を客観的に見ることができるでしょう。 人差し指を伸ばして複数の弦を同時に押さえるセーハは、上級者にとっても困難な技術です。 初心者では、2本同時に押さえるだけでも歯をくいしばってしまうかもしれません。 これも基本はフレットの近くを押さえるということです。そして、しばらくはすべての音がちゃんと鳴らなくても、3本のうち1本鳴らなくてもいいと割り切ってはどうでしょうか。 実際、6本すべてセーハする和音でも、鳴らなくてはいけない弦は1弦と6弦だけだったりします。 中級くらいになると、とくに考えなくても、こういう場合に2弦から5弦の分は指の力がぬけているのです。 それから、弾く瞬間に力を入れて押さえ、その前後は脱力しているのです。 それが考えなくても自動的にできるようになるにはおそらく1年以上かかるでしょう。 初めは関係ない筋肉まで総動員して押さえるので、指がへとへとになるでしょう。無理はしないで、でも少しだけ負荷をかけて、繰り返し練習してください。
beginer-2 beginer-2