HOME練習のヒントギター選びのヒント > 一般的な注意点
一般的な注意点

1.自分の好きな音のイメージをはっきり持つ 次々にギターを弾き比べてみるだけでは、だんだんどれがよいのか分からなくなってしまいます。 つきつめたときに自分はギターのどんな音にひかれるのかということを、頭のどこかに置いておくとよいでしょう。 2.他の人にも弾いてもらう 自分で弾いた印象と、少し離れたときの印象が、かなり異なる場合があります。 自分でしっかりした音を出せない場合はもちろんのこと、決める前に他の人に弾いてもらって、聴いてみられる ことをおすすめします。 3.張ってある弦が違うと響きが変わることがある 弦の種類と張ってからの期間も、異なった印象を与える要素のひとつです。 新しい低音弦は明解な鳴り方をしますが、逆に高音弦は落ち着くまで伸びるため、初めはむしろぼやけた響きと なります。 低音弦は消耗しやすいので、早ければ張って数日で音の輝きを失ってしまいますが、その時点の方が響きが落ち 着く場合もあります。 メーカーよってもかなり差が出ることがありますので、参考に「弦はどれを選んだらよいか」をご覧下さい。 4.弾く人によって音はかなり違う ギターの音は、弾く人の技量、爪の削り方、爪の硬さ、皮膚の状態等に大きく左右されます。 強いタッチのときに力強い張りのある音が出るギターは、繊細なタッチの奏者では良さを生かすことができません。 逆に繊細さを身上とする張りの弱いギターを強いタッチで弾いたのでは、ぶちこわしになってしまいます。 5.いわゆる「選び方」は参考程度にする 現在、ネックの反り等の基本的な性能に問題があるようなギターが店頭に並ぶことはまずありません。 調整の必要が生じても、経験を積んだ製作家にまかせれば、ほとんどの場合解決できます。 やはり、最終的には音に納得できるかどうかです。 他の人の意見もあくまで参考として聞くべきで、納得がいかないまま決めてしまうことは避けましょう。 6.選ぶ場所によって響きは変わる ご自宅の別の部屋で弾いたとき、印象が変わることに驚かれたことはありませんか。 はじめて行く店で、いきなり弾いて適切な選択をするというのは、なかなか難しいことです。 できれば何回か通って、冷静な耳で選びたいものです。


beginer-2 beginer-2