HOME練習のヒントギター選びのヒント > 中古品は大丈夫か
中古品は大丈夫か

中古品に不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、価格に見合わないものが店頭に並ぶことは普通ありません。 中古品を購入する場合も、音に重点をおくことに変わりありません。 販売後にトラブルとなるような問題点があると、販売する側も気持ちの良いものではありませんから、あらかじめ 修理や再塗装を行うことがあります(古銘器は除く)。 またフレットの減りが激しい場合は入れ直すこともあります。きちんと調整されると、むしろ前より良くなる場合 すらあります。 なお、アウラでは、古銘器の場合はその性質上、手を加えずに販売しております。 ご購入が決まった時点で、お客様のご希望により調整させていただきます。 さて、中古品の良さは、新品に比べて遙かに安価であることの他に、新品より音がこなれている点と、張りが多少 弱くなっている点にあります。 しかし、長期間激しく弾かれたものでは、本来の良さが失われ、いわゆる「弾きつぶした」状態となっている場合 もあります。 名工の作であっても、時にこうしたものが見られます。骨董的な価値を求める方にはこれでもよいのでしょうが、 ご自分で弾かれる方は、お店の方ともよく相談してお決めになるのが良いでしょう。


beginer-2 beginer-2