HOME練習のヒントQ & A 集 > 10.3弦の音がぼけているのですが、解決する方法はありますか
Q & A 集
10.3弦の音がぼけているのですが、解決する方法はありますか

3弦は他の弦に比較して太いために鳴りにくい傾向があります。
このため、とくに量産楽器ではぼけた音になる場合がしばしば見られます。

また3弦は音程に関しても構造的に避けられない問題をかかえています。こうした欠点をある程度カバーする方法としては、サバレスのアリアンスまたはハナバッハのカーボン弦を3弦のみ使うことが考えられます。
これらの弦は細めに作られていて、鳴りやすい特徴があります。試されてはいかがでしょうか。
また、プロアルテのコンポジット弦はこの欠点をカバーする為に3弦のみ特殊素材を使っています。

ただし、これらの弦は楽器と弦との相性もかなりありますので、一概にどれが良いとは言い切れません。
弦によっては太いものでも意外によく鳴る組合せもあると思われます。
また、各弦の音色の微妙な変化がギターの面白みでもありますから、性能だけ改善されても他弦との音色のバランスが崩れると演奏して違和感を憶えることになりかねません。

アウラ・ギターサロンの「弦はどれを選んだらよいか」を参考になさってください。

Q & A 集に≪戻る≫


beginer-2 beginer-2