HOME練習のヒントギターを持たない練習のヒント > その8 究極の柔軟-2
その8 究極の柔軟-2

当初、前項の練習は、隣り合う指での練習だけに意味があると思っていたのですが、そうでもなさそうです。左手の1-3、1-4、2-4で同様の練習を試みると、バランスが改善されるのがわかります。ゆっくりやるのでは効果があまり感じられないかもしれません。滑らかに連続した動きができるようになってきたら、速度を徐々に上げてください。動きの大きさも、楽になるにつれて大きくしてください。指を動かす順序は必ず守ってください。そうしないと練習の意味が半減してしまいます。どうしてこの順序でなくてはいけないのでしょうか。考えてみてください。


beginer-2 beginer-2