HOMEレポート髙木真介のスペイン便り > 13.夏のスペイン/音楽フェスティバル (2000.8.7)
髙木真介のスペイン便り
13.夏のスペイン/音楽フェスティバル (2000.8.7)

暑中御見舞い申し上げます

 

今年の日本の夏はとても暑いそうですが,皆様お元気ですか。マドリードでは暑い日もありますが,どう言うわけか例年に比べて涼しい過ごしやすい夏です。

月イチでお送りしていますこのスペインだよりですが,諸々の事情で7月は勝手にお休みさせていただきました。今回のスペインだよりは,7月,8月合併号という形でお送りいたします。

さて,夏と言えば,各地で様々な音楽フェスティバルが行われますが,今回はどのようなものがあるか,いくつかまとめて簡単に御紹介しようと思います。もう既に終わってしまったものもありますが,来年の夏頃にスペイン旅行を計画していて,どこかで音楽を聞いてみたい,という人の参考になれば幸いです。

 

6月下~7月上・グラナダ

Image17

まず,毎年6月下旬頃行われる,グラナダの音楽祭。正式には,
”Festival Internacional de Musica y Danza de Granada” となっていて,「グラナダ国際音楽舞踏フェスティバル」ですね。今年で49回目,今年は6月23日から7月9日までの間に開催されました。歴史のあるとても質の高いフェスティバルです。内容は,オーケストラや室内楽およびソロ・リサイタル,,そしてバレエなど,世界中の優秀なアーティストが集まり,バラエティに富んだプログラムが組まれます。有名なアルハンブラ宮殿の一部やヘネラリーフェの庭にある野外劇場,ファリャの家のすぐ近くにある音楽ホール等が会場として使われます。夜ライトアップされたアルハンブラを望みながら,ヘネラリーフェの庭で行われるバレエを鑑賞する,なんていうのはなかなかロマンティックですよ。

このフェスティバル,来年新しい世紀と共に,50回目と言う大きな節目にあたり,きっといつもに増して華やかなものになるでしょう。フェスティバルのウェッブ・サイトは, 
www.granadafestival.org です。

なお,毎年フェスティバルに付随して,同期間音楽講習会も行われます。

 

7月・コルドバ

7月になると前回お知らせした,コルドバのギター・フェスティバルがあります。これに関しては,スペインだより,その12を参照にしてください。

 

7月・セゴビア

ローマ時代の水道橋と子豚の丸焼きで有名なセゴビアで行われる音楽祭です。
”El Verano Musical” と呼ばれています。このフェスティバルは3つのセクションに分かれています。まずは,今年で25回目になる”Festival Internacional de Musica” (7月3日から8月4日まで)。1ヶ月を通して様々なコンサートが開かれます。今年5回目になる “Festival Joven de Musica Clasica”(7月6日から26日)。若い音楽家に活躍する場を与えるためにはじめられた音楽祭で,出演者は若い演奏家たちばかりです。そして,今年で31回目になる “Semana de Camara” (7月27日から8月3日)「室内楽週間」です。セゴビアの有名な美しい城(ディズニーの白雪姫のお城のモデルになったと言われる)等が会場に使われます。ウェッブ・サイトは以下の通り。www.fundac-juandeborbon.com

 

 

7月・ネルハの鍾乳洞

有名なリゾート地コスタ・デル・ソルの東側,マラガから約50Kmほどのところ,ほとんどグラナダとの県境にネルハがあります。「ヨーロッパのバルコニー」と呼ばれる,海まで迫った山からの眺めはとてもゴージャスです。そのすぐそばに鍾乳洞があって,観光スポットになっています。とても美しい鍾乳洞で,かなり奥深くまで見学できるようになっています。この鍾乳洞の中で,音楽舞踏祭が開かれます。例年7月に開催されています。正式な名称は,
”Festival de Cueva de Nerja”で,今年は第41回目,7月25日から29日まででした。ファンタジックな鍾乳洞の中でのコンサートやバレエ鑑賞は,普通のホールなどでは味わうことの出来ない貴重な体験になるでしょう。

Image18
 
 

8月・サンタンデール

スペインは北,カンタブリア海に面した美しい港町のサンタンデール。白い砂浜の広がるサルディネロ地区は,夏になるとリゾート客で賑わいます。サンタンデールの郊外に,中世の面影をそのまま残す
Santillana del Marという小さな町があります。パラドール(国民宿舎)もあり観光名所ですが,石畳の町の中に足を一歩踏み入れると,タイム・スリップしたのではと錯覚するほど,中世の町そのものです。またこの町のすぐ近くに,1万5千年前に描かれた牛の壁画で有名なアルタミラの洞窟があります。

“Festival Internacional de Santander”
は,8月いっばい開催されます。今年で49回目になります。世界の一流アーティストによる,オペラ,バレエ,シンフォニー,室内楽などの公演が,毎晩目白押しです。スペインの中で行われる音楽祭の中では,このフェスティバルがもっとも規模の大きなものではないでしょうか。www.festival-int-santander.org

 

 

9月・アリカンテ

バレンシアの隣,地中海沿岸の町アリカンテで,
”Festival Internacional de Musica Contemporanea” (国際現代音楽祭)が行われます。今年で第16回目を迎え,今回は9月16日から23日まで開催されます。現代音楽のフェスティバルとしてスペイン国内はもとより,ヨーロッパでも良く知られています。私事ですが,このフェステイバルの9月19日Teatro Principalで開かれるコンサートに出演します。スペイン人作曲家F. オテロ氏にこのフェスティバルのために委嘱された曲で,ギターとハープとオーケストラのためのダブル・コンチェルトの初演です。この曲で私がギター・ソリストをつとめます。オーケストラは,Orquesta Sinfonica Portuguesaです。このフェスティバルに関しては,次回のスペインだよりで詳しくお知らせしたいと思っています。

 

以上,いくつかの音楽祭に触れましたが,実際にはもっといろいろあります。とりあえず,私の個人的な趣味で,舞台となる町が美しく興味深いところのものを勝手に選びました。観光またはリゾート感覚でその町に滞在し,夜は音楽を楽しむ,なんていうのにはうってつけのものばかりです。特に,ネルハの鍾乳洞のフェスティバルは,開催期間は短いですが,とても幻想的なものだと思います。

まだまだ暑い日が続くでしょうが,健康に気をつけて,楽しいすてきな夏をお過ごし下さい。

 

高木真介,2000年8月6日,マドリード。

Masayuki Takagi


report report