HOMEレポート髙木真介のスペイン便り > 6. スペインのクリスマス (1999.12.9)
髙木真介のスペイン便り
6. スペインのクリスマス (1999.12.9)

 いよいよ今年もあとわずか,待望の2000年がもう目の前に迫ってきていますが,皆様お元気でしょうか。

 マドリードの町は,すっかりクリスマスで盛り上がっています。特にクリスマス・プレゼントなどの買い物で,繁華街は大勢の人でごった返しています。また,通りのクリスマスの飾り付けがとてもきれいです。カトリックの国スペインでは,イエス・キリストの誕生というのはとりわけ大事な日です。今回は,スペインでのクリスマスの過ごし方を少し書いてみます。

 家族を重んじるスペインでは,この日は特に家族と一緒に美味しいものを食べて祝う習慣があります。24日のイブは,夜遅くまで,家族と一緒にゆったりと食事をしておごそかに過ごす,というのが一般的なスペインの家庭でしょう。当夜もしくは翌25日に,プレゼントの交換をしあいます。

 そして,大晦日は,大騒ぎをして新年を迎えます。12月31日,夜中12時の鐘の音とともに新年が始まるわけですが,この12の鐘の音ともに,12個のぶどうを食べる習慣があります。12個のぶどうをほうばりながら,新年の祈願をするのです。そして,その後は,ドンちゃん騒ぎが始まります。マドリードでは,Puerta del Sol広場の大きな時計台のもとに大勢集まります。カウント・ダウンの後,みんなそろってぶどうを食べて,大騒ぎが始まります。私も一度,その広場でその騒ぎを経験しましたが,それはそれはものすごいものです。見知らぬ人から,新年の挨拶を受けて,チャンパンのビンを差し出されたり,かわいい女の子からいきなりキスされたり,かと思うと,後ろからいきなり爆竹を投げられてびっくり仰天したり…。とにかくとんでもない騒ぎです。その後は,みんなホウボウへ散らばって夜通し飲んで過ごすわけですが,明け方,少しお腹がすいてきたときに,ホット・チョコレートとチューロス(ドーナッツのようなもの)を出す店に大勢集まってきます。夜食とも朝食とも区別はつきませんが,とにかくそれでお腹と体を温めて家に帰り,後は昼過ぎまでゆっくり眠るというわけです。(良くしたもので,このドンチャン騒ぎの後,早朝5時ぐらいから清掃隊が出動して,元旦の朝,町はすっかりきれいになっているのには驚きです。)

 会社などは,1月2日から始まるところが多く,日本ののんびりした正月の過ごし方に比べると,意外とさっぱりしていますが,まだもうひとつ大事な行事が残っています。Reyes Magosの日です。聖書に出てきますが、イエスの誕生を祝って,東方の三博士が,贈り物をします。1月6日(国民の祝日)にそのことを祝います。三博士が星のお告げにより,ベツレヘムで救世主が生まれたことを知り,星に導かれて,贈り物を持って到着したのがこの日とされています。子供の日のような感じで,この日は,各家庭で子供たちにプレゼントがされます。スペインでは,この日をもって,24日のイブから始まったクリスマスのお祝いが終わるわけです。

 さて,音楽関係の話もしましょう。この時期,クリスマスにちなんでいろいろな催し物があるわけですが,ふたつ興味深いものをお伝えしましょう。

 ひとつは,” FESTIVAL VIA MAGNA ” と呼ばれるフェスティバルです。12月10日から23日まで,マドリードの中心街にある教会(サン・ホセ教会,エル・カルメン教会,サン・マルテイン教会など)で,13のコンサートが開かれます。すべて,宗教音楽の合唱のコンサートです。ア・カペラのものもあれば,オーケストラを伴ったものもあります。どのコンサートも入場は無料です。主催者は,入場者総数約1万6千人を見込んでいます。普段聞くことのできないポリフォニーの曲が多数取り上げられるので,とても興味深い催し物だと思います。

takagi6
(ミュージカル・美女と野獣)

 もうひとつの話題は,クリスマスとは直接関係ありませんが,ディズニーのアニメ映画で大ヒットした『美女と野獣』についてです。『美女と野獣』は,映画とは別に,ディズニーがブロードウェイ・ミュージカルとして製作して,アメリカで大ヒットしたそうですが,それがマドリードにやって来ました。役者たちは,厳選なオーディションで選ばれたスペイン人です。このミュージカルは,舞台装置などそっくりそのままアメリカから持ちこまれましたが,スペイン人アーティストたちによるスペイン語バージョンでの上演になります。ちなみに,タイトルはスペイン語で,”LA BELLA Y LA BESTIA”といいます。巨額の制作費がかけられたミュージカルで,かなり前から話題になっていましたが,いよいよ12月2日に封切りになりました。既に,チケットを入手するのがかなり困難のようですが,ロング・ランが予想されているので,私個人としては,クリスマスの後ぐらいに観に行ってみようかなと思っています。この時期,スペインに旅行される方,試しにご覧になってはいかがですか。GRAN VIA通り57番にある,TEATRO LOPE DE VEGAでやっています。チケットは,当劇場か,大手デパートのEL CORTE INGLES等で販売しています。運が良ければゲットできるかも…。

 というわけで,1999年最後のスペインだよりは以上です。皆様が健康で,楽しいクリスマスを過ごされるようお祈りしています。

 新しいミレニアム幕開けの年・2000年が素晴らしい年になりますように。

高木真介,1999年12月5日,マドリード

Masayuki Takagi

 


report report