HOME製作家紹介製作家紹介 > マヌエル・カセレス Manuel Caceres
マヌエル・カセレス Manuel Caceres

Manuel Caceres<マヌエル・カセレス>

1947年スペインのバダホス県生まれ。13才の時からラミレス工房にて仕事を始め、一時家族の都合でドイツに移住。
帰国後に再びラミレス工房に戻り、1964年からは製作を任される様になりました。当時の彼の楽器は今でもMCスタンプのラミレスとして高い評価を得ています。

1978年には名工アルカンヘル・フェルナンデスのアドバイスを得て独立し、自らの工房をマドリッドに設立。
多くの有名ギタリストが使用する楽器として名声を高めメキシコ、キューバ、プエルトリコ等では製作マスターコースを行い後進の指導にも力を入れています。

その後1999年より13年間に渡りアルカンヘルの仕事を手伝い、その影響化、徐々に独自の作風を確立して行きました。
現在はアルカンヘルの引退に伴い、唯一の後継者として製作に励んでいます。

pthhtkthk

001_003_caceres_1_01_215l001_003_caceres_1_01_215b

画像は2015年アルカンヘルモデル


report report