新星ホアン・アントニオ・マリンからのご挨拶

Juan.Antonio.Marin

 

今回の入荷に因み、ホアン・アントニオから日本の愛好家の皆さまへのメッセージが届きましたので、翻訳してご紹介します。

 

 

1988年、グラナダで生まれ幼少より祖父の工房での仕事に興味を持っていた私は17歳の時に製作を生涯の仕事にしたいと決意。
その後アントニオ・マリンを師と仰ぎ従兄弟のホセ・マリンやホセ・ゴンサレスの指導や手助けもあり、既に40本近いクラシックとフラメンコのギターを製作しました。
そして現在も修練と知識の吸収を通じてより良い作品を作ることへの情熱を絶やすことなく祖父の指導の下製作を続けています。
 アウラからの依頼でこの度私のギターを初めて日本に紹介するにあたり皆さまにご挨拶を致します。

 こんにちは。私はホアン・アントニオ・コレア・マリンと言い、マエストロ、アントニオ・マリン・モンテーロの孫にあたります。
 そして私は私たちの友人のギターショップ アウラへ初めてギターを納品することに少し緊張をしています。
 願わくば、私の作品がお客様が求めている私の祖父のギターの様な品質を持ち、引き続き
 あなた方の為に製作を続ける事が出来れば良いと考えています。
 皆さんが私に愛情深く接して下さる事に感謝します。
 ありがとう! 

                                                                                                                       Juan Antonio Correa Marin

 

新入荷のホアン・アントニオ・マリンの楽器は下記の画像をクリックしてご覧ください。

001_002_001_2M

彼の人となりを表す留学時共に学んだ禰寝碧海のエッセイ第3回目も近日掲載予定です。
第1回第2回と併せてご覧ください。