HOMEエッセイguitarra-espanola > 田邊雅啓 第1話
田邊雅啓 第1話

田邊雅啓①(Guitarra Española ~受け継がれていく伝統~)

 

1-1

2001年8月、スペイン・シグエンサにて、ホセ・ルイス・ロマニリョスのギター製作講習会「SPANISH GUITAR MAKING COURSE SIGUENZA 2001」に参加することができた。

その後、あっという間に13年が過ぎてしまったが、その時の体験が眩しいくらい胸に残っている。

スペイン滞在と講習をとおして私のスパニッシュギター製作の扉は開かれ、その魅力を知ることとなった。

そこで出会ったのは、ロマニリョスの理想とする楽器への飽くなき追求と、作業能率を度外視した音色のための独自の工夫である。講習会は私の製作における転換点ともいえるものになり、ただ作るのでなく、作品、芸術品として製作することを学んだ。それ以来私はロマニリョスの意思を胸に刻みながら、製作に取り組んでいる。いわば私はあの時から製作家としてスタートを切ったのだと思う。

講習の目標は、ロマニリョスモデルの中で選ばれた設計のギターを、無塗装だが弦を張るまでに仕上げることだ。型や寸法は全て公開される。講義では木材の取扱いから選別、伝統的なスペイン工法により得られる理想的な表板の構造も含めて、基本的な楽器製作から、とりわけロマニリョスによるスパニッシュスタイルの製作方法まで伝授するとのこと。そしてロゼッタや飾りの作り方、Vネックや他の部分の接合、組み立て、さらに塗装方法といった隅々までロマニリョスの製作方法を網羅している。

この信じられないような講習会の話が舞い込んだ。夢にまで見たスペインでのギター製作。それもジュリアン・ブリームをはじめ、多数の演奏家が愛奏し、観客を魅了する楽器を作り出してきた名高いロマニリョスだ。洋書やビデオの中でしかなかった世界が現実のものとなる。その上息子リアムと一緒に指導しながら、2週間かけて一緒に製作してくれるという。ギターの材料と最低限の道具はすべて用意して持込まなければならないが、作業台やギター組立に使う型も各自に与えられ、丸ノコやドリル、ベンディングアイロンなどちょっとした機械も用意される。

しかし、2週間という期間でギターを仕上げるというのは、かなり困難と思われた。作業場を朝7時から夜10時まで開放すると謳ってはいるが、食事の時間などを引いても10~11時間がいいところだろう。(行ってからわかったがシエスタもしなければならない!?)一台仕上げるという目的に対してはある程度準備が必要と感じたが、今までの方法で用意していっても意味がないので、少しシェイプしてほぼ無垢の材料のまま持参することにした。ロゼッタだけは厚い板厚のまま入れておいた。

私は材料と道具類を入れるための、手に入る可能な限り大きいスーツケースと、大きさを調節できそうなキャスター付のリュックと、出来上がったロマニリョスギターを入れる(出来上がるはず!?)ギターケースを手に入れ、荷重超過のエキストラチャージを免れるために恐ろしいまでの手荷物にして(今では不可能)スペインへと旅立った。

 

TOPに戻る←   →第2話


yomimono yomimono