HOMEエッセイguitarra-espanola > アルベルト・ネジメ・オーノ「兄、スペインへ行く」 
アルベルト・ネジメ・オーノ「兄、スペインへ行く」 

 ギターを手にした中学生は四六時中弾いていた。町のレコード屋さんで手に入れた『ギターの勘所』という教則本のようなものを飽きもせず繰り返していた。あまりに煩いので弟は外に出ることが多くなった。

 そんなある日のこと、出入りのクリーニング屋さんが窓から声をかけてきた。

 「あの実は私、練馬の大沢先生と言う方のギター教室に通っているんです。それでこの町にも私の店で教室を開こうと言うことになり、息子さんもいかがですか?」なにやら目星をつけての勧誘だったな、と今なら思うが早速兄は伴先生(当時は大沢一仁先生を周りはこう呼んでいた)の門下生となったのだ。

 やはり専門家に習うと音楽も違ってくる。

 「トラベルセットが当たる~もう一回弾いてよ」などとリクエストしてみたり、「コストの練習曲はいいね」と弟も生意気に理解してくる。

 熱心に教室に通い、スペイン人ギタリストのコンサートに行き、家の中でギターの音楽が流れているのはひどく当たり前の日常だった。ただきっといい楽器がほしかったんだろうな、とは容易に想像できる。豊かな家庭でもなかったし、シナノギターが精一杯だったのだろう。

 大学生になった兄は次にマンドリン・オーケストラに夢中になる。指揮・編曲に没頭し、家にはマンドリン、マンドラ、マンドセロ、クラブの楽器がゴロゴロし始める。大学生なんておおよそ家にはいないので、それらは弟のいい遊び道具になった。弟はマンドセロがお気に入りだった。

 

話は進む。就職、結婚、子ができる。ギターは手放さず続けていたのだろう。ある日ドラム缶に挟まれ指を骨折。ギターが弾けない日々が続く。そんな折、NHK「ギター教室」のゲスト、ホルヘ・アリサの演奏を見て「この人に習いたい!」と思うほど感銘を受けた。

ソルのギャロップを弾いたマエストロ曰く「こういう簡単な曲をきちんと弾く練習が大事だ」の一言に「習いたい」が「習う!」の決意に変わったそうだ。

1971年のことだった。

その後、どこで手に入れたかは知らないが、以後長い間相棒となるJ・ラミレス・AMマークを抱えての留学が実現する。

まぁ、常識的に考えて両家の親たち、会社の人たち、総反対だったろう。

「一体おまえは何を考えているんだ!」のシュプレヒコールをも、青年の熱意には跳ね返す力があるんだ、とのんびり生きていた弟も8年後真似をさせていただくこととなる・・・

 第1話 わが家にギターとスペイン語がやって来た日 ←   → 第三話 執筆中 お待ちください。


yomimono yomimono