HOMEエッセイguitarra-espanola > 佐久間悟 第1話
佐久間悟 第1話

佐久間悟①(Guitarra Española ~受け継がれていく伝統~)

 

2001年9月はニューヨーク世界貿易センタービルに2機の飛行機が突っ込んだ同時多発テロの記憶が鮮明です。
前月スペインで行われたロマニリョス製作講習会を終えて自宅でゆっくりしている時の出来事でした。
あれから14年の月日が経ちました…。


FL000008
あの年、知人からスペインで名工ロマニリョスの講習会が行われるとの情報を得ました。
講習会のメールアドレスを頼りにロマニリョスの息子ペペと拙い英文でコンタクトを取り、詳細を得て参加を申し込み、飛行機のチケットを予約したのを思い出します。

楽器製作の夢を棚上げにしていた私にとってラストチャンスに映りました。
思い切ってスペインへ飛んだわけです。

あの時、決意したことがきっかけで、今の多くのことに繋がっていると感じています。
懐かしく思い出しながらこの原稿を書いています。

さて、シグエンサでの講習会について詳細は既に他の製作家が書かれています。
そちらを参考にして頂きたいと思います。
講習会には数人の日本人製作家が参加しました。
それぞれ感じ取ったもの、持ち帰ったものは違うでしょう。
ここで書くのは私の感じ取ったスペイン伝統工法とご理解下さい。
そしてロマニリョスが後世に伝えたい事、アイデア、システムとは…。

FH000023

 

TOPに戻る←   →第2話


yomimono yomimono