HOMEエッセイ腱鞘炎からの脱出 > 5.楽器は換えた方がよいか
5.楽器は換えた方がよいか

 私が回復への再挑戦を開始したのは、ギターを買い換えたのがきっかけです。ちょっと気分を変えたかったので、それまでのものより小振りのギターを購入しました。そのときわかったのは、弦長が回復に大きく影響するのではないかということでした。左手が少し楽になると、たとえばスラーのときに、左指を広げる力があまり必要なくなります。そうなると、たたく動きや、引っ掻く動きに集中し易くなります。
ネックはそれほど問題ではありません。弾きやすいにこしたことはありませんが、柔軟性に乏しい左手には正しい評価はできません。自分の経験で、回復が進むにつれて楽器を選ばなくなることに気づきました。指が弱いうちは、ネックがとても厚く感じられたのです。現在ではどのギターを手にとっても困難を感じることはなくなりました。


yomimono yomimono