2016年4月後半の新着楽器と入荷予定のご案内

guitarcopy
新着楽器と入荷予定のご案内
 《輸入クラシック 新作

カルロス・ホアン・ブスキエール(650mm、松、中南米ローズ)
名工ロマニリョスの薫陶を受けた注目期待の製作家、本邦初登場です!

カルロス・ホアン・ブスキエール Carlos Juan Busquiel

今回入荷した作品へのコメント等掲載した特設サイトをご覧ください。

自 らが演奏するためのヴァイオリンづくりから製作の世界に入り、後にカディスの製作家ラファエル・ロペス・ポラスとの出会いからギター製作に転向。そしてロ マニリョスとの決定的な出会い。自らギターの演奏を能くし、ヴァイオリン製作時代には名器ストラディヴァリウスを研究。
ギター製作に転向後はトーレスをはじめとする数々の銘器を実地に研究し、スパニッシュギターのあるべき姿を探求してきました。
今回初入荷となる本作は当店アウラと日本のギターユーザーのために特に良質な材を厳選したと製作家自ら言い切る力作となっており、まさに入魂の一本。伝統の響きの中にフレッシュな息吹を存分に感じさせる、愛すべきギターに仕上がっています。

《輸入クラシック 中古入荷予定》

アルカンヘル・フェルナンデス(1968年 655mm、松、シープレス)
真のマドリッド派名工とされる作家による、まるで原点に立ち返るかのような、横裏板にシープレスを使用した クラシックギター。年齢による衰えなどみじんも感じ さないままに製作から退いだ名工の技を感じさせる作品。
実際の製作は2011年ですが、氏が1968年よりストックしていた良材を今回の一本のために選定、そのためラベルには製作家のこだわりから1968年と記されています。
スペインの製作家の中でも特にその材の選定においてはこだわりを見せていた氏だけに、外観からもその審美的センスが十全に感じられる仕上が り。ギターにおける音楽表現を追求するすべての奏者にとって見過ごすことのできない一本です。

LINEマルセロ・バルベロ・イーホ(2002年 650mm、松、中南米ローズ)
名工アルカンヘルの薫陶を受け、マヌエル・ラミレスの伝統を見事に昇華したマドリッドの名工。年を経るごとにその完成度を増し、確実にスペインの次代を担う者として衆目の一致するところでしたが、2005年に63歳で亡くなりました。ギター製作界においては夭折とさえ言いたくなるほどにその死が惜しまれ、その後もますます評価と人気が高まっている作家となっています。
弾き手にとってときにその芸術性の高さゆえに手ごわさも感じさせる師アルカンヘルと比較すると、 おおらかで明るく人間的なぬくもりがあり、それがこの作家の代えがたい魅力となっています。今回は師アルカンヘルのギターも入荷!マドリッドの素晴らしさを体感できるまたとないラインナップ、ぜひこの機会をお見逃しなく!

LINE

《輸入クラシック中古》

ペドロ・バルブエナ (2008年 640mm、松、中南米ローズ)
アルカンヘルの指導を受け名工と謳われたI世の没後1年、父の遺志を継いで
完成したスペシャル・トーレス モデルです。Pedro-Valbuena-2008-1

《国産クラシック 新作》

桜井河野(マエストロ 640mm、松、中南米ローズ)
手工品として国内最大のシェアを誇る、ジャパンブランドの最高峰、その最上位モデル Maestro 特別オーダー品が入荷です。640mmのショートスケール、20フレットを装着し、5、7フレットにポジションマークを取り付けた、ユーザーのニーズに対応した一本。河野 賢 (SAKURAI)Kohno MAESTRO

LINE

黒澤哲郎(スタンダード 650mm、松、ローズ)
最近はフラメンコの沖仁が愛奏しており、人気沸騰中の楽器。 全面セラックニス塗装仕上げです。

黒澤 哲郎 Tetsuo Kurosawa2016

≪国産クラシック 中古≫

佐久間悟(2009年 650mm、松、ローズ)
近年、確固たる評価と人気を博している佐久間悟。その彼の原点と言うべきロマニリョスモデルが入荷しました。
佐久間 悟 Satoru Sakuma

LINE

江崎秀行(No.35 2012年 640mm、松、ローズ)
長年ヤマハ最高級ギターの開発、製作をしていた、日本ギター製作の重鎮の一人です。
江崎 秀行 Hideyuki Ezaki 2012 640mm

≪輸入フラメンコ 中古≫ 

コンデ・エルマノス(AF-25R グラビーナ 1978年 665mm、杉、中南米ローズ)
気のコンデ1970年代の表面板杉材仕様の貴重な両用ギターです。

コンデ・エルマノス Conde Hermanos 1978