2017年4月の新着楽器と入荷予定のご案内 

 

guitarcopy

 ≪輸入クラシック 中古≫

ステファン・シュレンパー 2015年 650mm 松・中南米ローズ
マヌエル・コントレラスとアントニオ・マリンの工房でギター製作を学んだ彼は、いかにもドイツ人らしい真摯さをもってクラシックギターの本流を汲みながらも、独自の美学にそれを高度に昇華させていったことで人気の製作家です。使用している材やその造作など、性質と美観の双方におけるこだわりもやはり彼らしい職人気質を感じさせますが、音色に関してもまた、伝統的な工法によるギターながら、モダンな響きを達成しているのも、現在のギター製作と演奏の潮流に敏感な彼ならではでしょう。ボディは軽く、木質の響きがたっぷりと明朗に鳴り、反応も早いので気持ちよく弾けます。各弦のバランスもよく出色の一本。2015年製作の美品used。


カルロス・サルモネ No.294 2001年 643mm 杉・中南米ローズ
名手ファンホ・ドミンゲスが使用していることでギターファンには馴染み深いアルゼンチン、ブエノスアイレスの製作家。サイズはそれほど大きくないものの、どっしりとした感触のボディからは、艶やかで濃密な音色があふれ出します。アルゼンチンというと少なからず民俗色を感じさせるような、古き良き滋味深い響きを備えたギターが多い中で、モダンとクラシックの両方を兼ね備えたトータルクオリティに優れたギターと言えるでしょう。そこにこの国ならではの、他に比較しようがない独自の民俗性がそこはかとなく漂うあたり、やはり稀代の名手たちをひきつけるゆえんでしょう。南米音楽、さらにはガットギターでのジャズ演奏をしてみたい方などにおすすめの一本。貴重な入荷です。


カルロス・アルデューラ ヴィウエラ 年代不詳 600mm 松・ウォルナット/シカモア
現代スペインの製作家。15世紀ごろスペインの宮廷音楽を彩ったこの楽器に対する、極めて綿密な研究と精緻な仕上げとで高い評価を受けています。正確な年式は不明ですが、本作を直接製作家より購入したプロギタリストによると、ここ数年の作とのこと。ヴィウエラの基本仕様となる6コースの復弦、現在張ってあるガット弦はGのチューニングに合わせての仕様となっています(通常ギターの3フレットカポ)。音は中途半端に現代に偏ることなく、実に古雅な味わい。バランス、響きともに高度なものが達成されており、コンサートでの使用にも十全に対応しうる見事なクオリティ。専用ケース付。

≪国産クラシック 中古≫

小平 AST-80 650mm 松・ローズ合板
国産入門クラシックギターの定番として、多くのギターユーザーに愛用されているモデル。音色、音量、弾きやすさ、バランス等エントリーとして申し分のないアイテム。美品中古です。気楽に弾きたいセカンドギターとしてもおすすめ。

≪国産クラシック 新作 ≫

 4月のアウライベント出演決定 ! ジャパニーズブランドの最高到達点。
アルベルト・ネジメ・オーノ 90号 650mm 松・中南米ローズ
その出発点において、深い矜持と共にスパニッシュギターの伝統工法を標榜していた製作家の、手と感性の確かさを確認できる一本。国内最高峰と言っても良い造作もさながら、比類ない表現力の奥深さを直感できる一本。

尾野薫 90号 ロマニリョスモデル 645mm 松・ローズ
アルベルト・ネジメと並び、スパニッシュ伝統工法を標榜する作家としてやはり国内屈指の製作家。直接の薫陶を受けもしたマエストロ ロマニリョスの美しさに比肩しうるほどにその精緻さに磨きがかかっており、特に音響におけるその高い達成は実に見事。ギターにとっての良い音とは何か、を常に探求し明確にするその製作姿勢は、次の世代にも確実に受け継がれています。

≪国産クラシック 新作 入荷予定≫
尾野薫 110号 ハウザー1世モデル 645mm 松・中南米ローズ
数種あるモデルの中で、その音の透徹さにおいて、また製作家の感性とドイツ最高峰のブランドとの親和性の深さにおいて、ファンにも人気の高いモデル。実に弾きやすく、しかしながらその見事なバランスゆえに、タッチの高度なコントロールを要求される楽器です。