2017年新着楽器と入荷予定のご案内 Guitarshop AURA

新着楽器と入荷予定のご案内 linebar

guitarcopy

≪国産クラシック 新作≫


尾野薫 
90号 ロマニリョスモデル 645mm 松・ローズ

いくつかのモデルラインナップの中でも、実際にロマニリョス本人からの教えを受けた氏にとっては特別なモデルでしょう。造作の精緻さ、音色の洗練、ギターという楽器への学術的なアプローチ、音響バランスなど、氏の資質とも深い親和性があるであろうロマニリョスギター。ハウザーモデル同様に安直なコピーに決して陥ることのない、オリジナルとしてのレプリカモデルの究極。


栗山大輔 
80号 トーレスモデル 640mm 松・楓

尾野薫氏の直系として、着実な成果という言葉以上のものを一作毎に提出してきている俊秀。横裏板フレイムメイプル、4ピースバック仕様の美しいトーレスモデルが入荷いたしました。材の特徴が十全に活かしきって、硬質ながら真綿のような耳触りの、凛とした音色がなんとも魅力的。これまで製作してきたハウザー、エステソ、バルベロモデルなどでも感じられた、フレッシュネスと古風さが同居した味わいは、もはやこの製作家の魅力の一つといってよいでしょう。やはり師と同様に単なるコピーにとどまらない、オリジナルとしてのレプリカモデルの佳品。

≪国産クラシック 中古≫


中出阪蔵 
No.5000 1979年 650mm 松・中南米ローズ

ジャパニーズヴィンテージブランドの筆頭に挙げられる製作家。1979年製作の最上位機種の中古が入荷いたしました。全体的にがっしりとした、威風堂々とさえ言えるような雰囲気を持っていますが、音色は落ち着いた、極めて柔和な印象。
経年によるものか渋みがあり、決して音量的に豊かではないものの、音の表情には味わいがあります。全体に細かな弾き傷や打痕、右腕の位置に塗装のムラが生じておりますが割れ等の修理履歴なく、ネックはやや順反りですが許容範囲で、年代相応の状態と言えます。


一柳一雄 
No.15 1985年 650mm 松・ローズ

ハウザー、ロマニリョスなどの「古典」が持つ音色へのリスペクトと同時に、スモールマンなど「現代」の楽器が持つ機能性にも注目し、それらを衒いなく誠実に研究し自身の製作で実践してきた氏の楽器は、やはりそれにふさわしい生真面目な作風で、誰もが抵抗なく弾ける良質な国産ギターとして愛されてきています。現在は工房を構えてから40年を超えているベテランですが、本作は比較的早い時期のもの。

≪輸入クラシック 中古≫


ホセ・ラミレス
 Auditorio 2011年 650mm 松・ローズ

ホセ・ラミレス 1A クラスのダブルトップ仕様モデル。ドイツの製作家ゲルノット・ワグナーによって考案され、マティアス・ダマンによって具現化されたこの画期的なシステムをスペインの老舗工房が採用したことで話題になりました。
Dupont社が開発したNomexと呼ばれる素材を蜂の巣状のシートにしたものを2枚の表面板で挟み込む構造。これによってタッチに対する即応性、音量の増幅、音響指向性の拡がりなどが得られ、現代のコンサートギターとしてのニーズに十全に対応するものとして、こののち世界中の製作家によって採用されることとなったのです。
あくまでスパニッシュギターの伝統的な製法に立脚した良質なモデルをその長い歴史にわたって製作し続けてきたラミレスにとっては意外ともいえる選択ですが、飽くなき進取の気性によって革新的な偉業を成し遂げてきたこのブランドが、この最先端の技術に敏感に反応したのは故なきことではないでしょう。
開発にあたってはなんとこの構造の考案者であるゲルノット・ワグナー本人のサポートまで乞い、あくまでラミレスのトーンは維持したままでダブルトップの機能的な特徴を十全に活かしたモデルが模索されました。結果として文字通りラミレストーンを備えたダブルトップモデルの誕生につながり、現在も同ブランドのレギュラーラインナップの一つとなっています。
2006年ごろから始まったこのプロジェクト、本作は2011年作で普及が始まった最初期のもの。ダブルトップ構造のほか、レイズドフィンガーボード、20フレットなど随所に現代的な要素も加味されています。

≪輸入フラメンコ 中古≫


マヌエル・ロドリゲス・イーホ
 650mm 松・シープレス

1905年創業のスペインの老舗ブランド。スペイン市民戦争時にアメリカに渡っていた時期もありましたが、1970年代にスペインにもどりマドリッドに工房を開いています。現在の2世が工房を受け継いだあとは販路を一気に開拓し、瞬く間に大きなブランドへと成長してゆきます。マドリッドに続いてトレドに工場を作り、その後ウクレレやカホン、マカフェリタイプのギターまでカタログも拡大し、いまでは一大ギターメーカーの様相を呈しています。普及モデルとして高いクオリティを維持しているブランドとして世界中で認知されるようになりましたが、やはりその根底にあるクラシック/フラメンコギターの製作にはひとしおのこだわりがあるようです。本作も入門モデルとして不足なく、弾きやすく演奏性、使用性に優れた一本。これからフラメンコを始めるという方におススメです。

≪国産クラシック 新作 入荷予定≫

清水優一
ロマニリョス1世の設計、音作りにて、口輪など一から手作りで作成した入魂のモデル。高い工作精度にて美しく仕上げられた外観、ロマニリョスモデルらしい透明感あるしなやかでクラシカルな音質です。


上の画像をクリックすると製作レポートがご覧いただけます。

星光治

弾く人を安心させる柔らかな感触が印象的でありながら、各音はしっかりと不足なく引き締まり、その絶妙なバランスがこの楽器を魅力的なものにしています。
コストパフォーマンスも抜群の愛すべきギター。
年間製作本数2本、オールセラックニス仕上げの貴重な楽器です。
長崎祐一 35号 640㎜

明るく、のびやかで、弾きやすくストレスのない発音でトーレスを基調としたなスタイルが好評。

また、オーダーメイドで楽器の購入をお考えのお客様は、お気軽にご相談ください