AURAマガジンNo.120

a

guitarcopy

 

≪輸入クラシック 中古≫

J.L.ロマニリョス 1世 La Espejera 1980年 650mm 松・ローズ
自身の製作した楽器について、それを美しく響かせる指は繊細なものでなければならないと言い切るこの20世紀後半における最重要製作家の、その言葉の証左となる一本。横裏板の再塗装が施されてはおりますが、この楽器の真価を損なうものではないでしょう。たとえようもなくクリアでまろやかな高音と、あくまで凛として力強い低音とのバランスの中にあらわれる音響の素晴らしさ。至高の逸品です。

イグナシオ・フレタ・エ・イーホス 1992年 650mm 杉・ローズ
現代最高の名手の一人、ぺぺ・ロメロが所有していた1本。彼の美音を紡ぎだす楽器として、深く納得させられる極めて高いクオリティを備えた個体となっています。
音量の豊かさというものがあくまで音楽的な実質を伴って響くところにこのブランドの真価があり、それがモダンギターとの決定的な差異を生んでいますが、コンサート空間での使用性の高さと美音との両立を目指した数々の名手たちが選んだ唯一無二の音色は、ついに2世の亡くなった今も衰えることのない魅力を放っています。
ポール・フィッシャー 1978年 650mm 松・中南米ローズ
1975年にルビオ工房より独立後間もないころの秀作が入荷。後年の彼はより学術的な観点からも音響的な完璧さを追求し、素晴らしい成果をあげていますが、この時期の彼は
まだ氏の強い影響下にあることを感じさせる、スパニッシュ的ニュアンスにも通じるヒューマンな響きを備えたものになっています。しかしながら彼の資質の一つともいえる見事なバランスがすでに達成されているのはさすが。弾きやすく、十分に響き、あらゆるジャンルや曲想に柔軟に対応できる、ハイクオリティな一本です。
ホセ・ラミレス 2E 2005年 650mm 杉・ローズウッド
世界最大の人気ブランドが展開するエステューディオライン。1960年代に「1A」という最高品質のモデルにおいても大量普及を成功させたホセ・ラミレス。時代のニーズにどこよりも敏感だったこのブランドが、入門ラインでの高品質をも達成した極めて使用性に優れたモデル。現在も続くこのラインナップ、最も充実していた時期のものです。

≪国産クラシック 新作≫

尾野薫 110号 ハウザー1世モデル 645mm 松・中南米ローズ
スペインの二人のマエストロ、アルカンヘル・フェルナンデスより横裏板を、マヌエル・レジェスより表面板を譲り受け製作。スペインで最も良質な材をストックしていたといえる2大工房から、その製作美学ごと受け継いできたといえる氏が期待以上の素晴らしいハウザーモデルを仕上げてくれました。氏のラインナップのなかではネックはやや薄めになっており比較的弾きやすい印象もあり、女性の方にも進めたいモデルです。ドイツ的なものとスペイン的要素とが絶妙に融合した響きも魅力。
桜井・河野 Professional-J 650mm 杉・中南米ローズ

同ブランド中では比較的一般向けとして設定されているモデル。このブランドとしては珍しい杉材仕様し音の太さ、力強さ、音色の艶が増しています。材の特徴をしっかりと活かした、不足のない仕上がり。奏者自身がその音量を十分に感じることのできる鳴りの指向性から、アンサンブルなどでも愛用する人の多いラインナップです。弾きやすさも含め、国産中級モデルとして最も人気の高い一本。

≪国産クラシック 新作 入荷予定≫

尾野薫 90号 トーレスモデル 640mm 松・ローズ

「トーレス」を造ることに対する製作家の深い矜持を感じさせる、充実の一本が近日入荷です。味わい深い木質の響きが心地よく、反応の良さとあいまって実に弾きやすい印象。ブーシェ、ハウザーとそれぞれ楽器の本質に真摯に迫るモデルを製作し続けている氏の、トーレス的音響を見事に具現化したギター。


≪国産クラシック 中古≫

アルベルト・ネジメ 100号 ブーシェモデル 2016年 650mm 松・中南米ローズ
なんと2016年製、まさに新品同様のusedが入荷いたしました!スパニッシュギターの伝統にしっかりとその実質を見据えたうえで立脚し造り上げた氏のギターは、国内の製作家の新世代への道を開いたと言えるでしょう。力強さ、表現力、音色、演奏性、造作の仕上がりと審美センス全てにおいて現在の日本での最高の成果といえるもので、もはや円熟以上のものを感じさせる1本。中古としてこれ以上のものはない個体です。

松井邦義 KM-2 2015年 650mm 松・ローズ
数多くの名器の研究から、それらのエッセンスをこの作家なりに吸収し日本的ギター文化風土の中にうまく着地させたところに氏の業績があるといえるでしょう。それらのギターは日本人の音色テイストと身体的特徴に実によくフィットし、無理なく弾きこなせるその心地よさは特筆すべきもの。大音量や華美といった流行とは無縁ながら、愛すべきスタンダードとして定着したブランド。この一本もしかり。

 

≪輸入フラメンコ 中古≫

アルカンヘル・フェルナンデス 1961年 660mm 松・シープレス
マドリッドを代表する名工であり、もっとも偉大なフラメンコギター製作家の一人として、引退後もなお不動の人気を誇るアルカンヘル。彼をギター製作へと導いたマルセロ・バルベロ1世の死と自身の独立、その間もない時期の傑作が登場です。機能と表現力において、フラメンコギターとしてこれ以上は望むべくもないところにまで達してしまったその完成度もさることながら、しばしば「魔法」とまでたとえられるその音楽的な深みは、年代を問わずこの作家の他にない天才によるものでしょう。

 

マヌエル・レジェスI世 1985年 650mm 松・中南米ローズ
アルカンヘルと並び、20世紀後半以降のフラメンコギターを語るとき、その名前が筆頭に挙がる製作家。凛とした抒情的な、しかしあくまでも乾いた、耳に心地よい響きはやはり唯一無二のもの。どの時期のものも素晴らしい出来ですが、80年代後半から90年代にかけてのものは、ヴィセンテ・アミーゴらが使用したことでもファンには印象深く記憶されているはず。本作はこのマエストロの作としては非常に珍しい「黒」。目にも美しい極上材を使用し、見事に仕上げた出色の一本。

 

ヘスス・ベジード 2002年 650mm 松・コーラルローズウッド
スペイン、グラナダの製作家。マヌエル・ベジードを父に、ホセ・ロペス・ベジードを叔父に持ち、近くに住むアントニオ・マリンからも製作に関してのアドバイスを得て独自の個性的な楽器を製作してきたブランド。造りにも音にも若干荒削りなところがありますが、むしろ古き良き時代をかんじさせてしまうところがなんともミソ。古から現代へと続く良きアンダルシア的感性ともいえるもの。溌溂とした響きが魅力の一本です。

 

マルティネス MFG-AS 650mm 松・アガティス
フラメンコギターを始めてみたい、というとき、意外に探すのに苦労するこのジャンルでの入門用の良品。「やはりスペイン製が良いの?」「価格はなるべく抑えたいけど、でもそれなりに音の良いものがほしい!」というかたに。コストパフォーマンスもよく、表現力、演奏性ともに不足のない良質なエントリーモデルとしておススメです。

 

≪国産フラメンコ 新作≫

黒澤哲郎 #40 650mm 松・シープレス
人気ギタリスト沖仁オリジナルモデルの製作により、現在国産のフラメンコとしては最も新しいファンを増やしているブランド。むせかえるような情感というよりは、楽器としての機能性の高さと、シャープネスや反応、音色の明朗さなど全てにおいて不足のないバランスが魅力。しかしながらその土台にしっかりとスペイン的なニュアンスが通底しているところ、製作家の面目躍如といったところでしょう。ジャンルを超えてオールマイティに使用できる一本です。

 

≪中古ウクレレ・ギタレレ≫

KALAテナーウクレレ KA-ASAC-T 1204 432mm アカシア単板
アメリカ生まれの良品ブランド。ソロ演奏に最適なテナーサイズ。
HeadWay6弦ウクレレ UG-ONE KA0003 432mm マホガニー単板
手工であることのこだわり、国産アコースティックブランドの良質なギタレレです。チューニングは通常ギターの5フレットカポと同じ、6弦からA,D,G,C,E,A になります。オール単板マホガニーボディならではのまろやかで乾いた音色と、国産ブランドならではのしっかりした造作、演奏性の高さも魅力です。トラベルギターとしても使える1本。オリジナルギグバッグ付き。

linebar4、1月の特別提供品とパスワードlinebar

提供品を購入する為の今月のパスワードは次の通りとなります。

1月の特別提供品とパスワード
otoshidama
space
(上記の文字をコピーして貼り付ける方法が簡単ですが、手打ちの場合は半角英数でご記入ください。)
menu_special_ space

[table id=49 /]

TOPへ戻る

linebar5、新入荷再入荷のお知らせlinebar

[table id=50 /]

linebar6、リペアとメンテナンス日程とご利用案内linebar1月のリペアとメンテナンスは、土曜、日曜、木曜、祝日全て開催致します。

TOPへ戻る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[table id=32 /]