2016年2月

HOMEトピックス > 2016年2月

アグアドはただのニス塗り職人だったのか?

アグアドはただのニス塗り職人だったのか?世界の名器コレクターの垂涎の的となっているエルナンデス・イ・アグアド。製作のエルナンデスとそれを支えたセラック塗装の名人として知られたアグアドの合作として知られるこの楽器は、今でも他の追随を許さない独自の魅力を放ち演奏家や聴衆を魅了し続けて... 続きを読む


 

畏友のギタリスト:永島 志基 レオナルド・ブラーボのアウラサロンコンサートを語る

2016年03月06日(日) 15時から私の友人の素晴らしいギタリスト、レオナルド・ブラーボのアウラサロンコンサートが行われます。永島 志基プログラムは昨年彼の祖国アルゼンチンでも、熱狂的に受け入れられたアルゼンチンのタンゴがメインのプログラムになっています。クラシック・ギターで... 続きを読む


 

新星ホアン・アントニオ・マリンからのご挨拶

 今回の入荷に因み、ホアン・アントニオから日本の愛好家の皆さまへのメッセージが届きましたので、翻訳してご紹介します。  1988年、グラナダで生まれ幼少より祖父の工房での仕事に興味を持っていた私は17歳の時に製作を生涯の仕事にしたいと決意。その後アン... 続きを読む


 

手工クラシックギター製作家 佐久間悟の楽器を使ったイベントのご案内

ロマニリョス譲りの伝統工法に拘り素晴らしい作品を発表している製作家 佐久間悟氏の楽器を使ったコンサート情報のお知らせです。当日の使用楽器は、2015年佐久間製作の楽器を使用。ロマニリョスモデルとモデルブーシェを予定しています。(佐久間悟最新エッセイはこちらから)金庸太氏によるコン... 続きを読む