HOMEエッセイguitarra-espanola > 中野 潤 [Antonio de Torres 1858 FE08 <La Guitarra Cumbre> モデル製作レポート]
中野 潤 [Antonio de Torres 1858 FE08 <La Guitarra Cumbre> モデル製作レポート]

1858年トーレス41歳、セビリアで工房を構えていた第1期時代を代表する作品で最も手間暇をかけて製作された<La Guitarra Cumbre >FE08オーダー品の製作レポートを掲載致します。

Fe08は同年のセビリア博覧会に出品されブロンズ賞を受賞しています。
高度な製作の技法や製作家の形而上的な矜持まで求められる作品で、トーレス研究家のロマニリョス氏などがFe08のレプリカを製作していますが、ロマニリョス氏にお会いした時に
「再びFE08レプリカを製作したいと思ったんだが、体力的な問題で妻と相談してやめたよ」と仰っていました。
今回、FE08のレプリカを製作するための良材がやっとそろったこと、また、私も50半ばなので、おそらく最後のFE08レプリカ製作になるだろうとの思いから、この際どんなに製作が困難な作品なのかリポートを兼ねて、私自身の製作の足跡としてここに残したいと思います。

中野 潤

「隗(貝)より始めよう」  2020年1月

ロセッタ等に使う白蝶貝を母貝から加工し板にして、飾りを切り出しています。 糸鋸の歯を何本も交換しての作業です。
貝より始めました(笑)。

「ロセッタと駒の飾りの白蝶貝の加工 」  2020年2月1日

ロセッタと駒の飾りの白蝶貝の加工です。
この花?はなんだろうとずつと思ってましたが、犬と散歩の途中に近所の生垣の片隅に よく似た花を見つけました。スズランです。

ヨーロッパの高緯度地帯の植物ですが、実はスペインのシエラネバダ山あたりが南限で スペインにも辛うじて存在しているみたいです。トーレスはアンダルシア地方のアルメリア出身でシエラネバダ山のあるグラナダでも暮らしてましたから、この形状がスズランである可能性もありますね。確かめようがないのが残念ですが、いつかトーレスにお会いできたら 是非訊ねてみたいと思います。

「真珠母貝について 」  2020年2月8日

貝細工も台座に入れて終了です。
日本は真珠母貝を生産する国なので、簡単に白蝶貝が入手できますがアメリカ等は規制がかかって取引が難しくなってます。
1997年にあこや貝に病気が蔓延し絶滅しかかり、中国系のあこや貝に養殖を切り替えた様子。

以前のあこや貝よりも薄く丸みがあるので素材加工が難しくなってきてますね。
間違いなく温暖化の影響でしょう。

さて、貝細工はこの辺で次の装飾にかかります。

これが何になるのかは次回のお楽しみです。

「雷紋模様の製作」2020年2月17日

さてトーレスの初期の作品に使われていた雷紋模様の製作です。この模様の起源は中国であるのかギリシアであるのかわかりません。

ギリシアのパターンはこのようなパターンです。
トーレスの雷紋模様はどちらかといえば中国起源の模様に近いですね。
スペインでトーレスの使うこの模様がどこか違うところに存在していないか探していたら、たまたまセビリアの古いバルの入り口の木彫が施された扉にありました。

ロマニリョスの著作に製作のメソッドの紹介がありますが、やってみるとそれほど簡単ではないです。

このパターンで木組みしますが、寸法を細く計算して仕上がりに誤差がないようにします。

どうしても木材であるので、仕上がりが均一でないものも出来てしまいますので、複数本を製作して出来の良いものを選びます。
ヘッドセンターとサイドとバックに使います。ちょうど金太郎飴のようにスライス。飾りの製作はまだまだ足りませんね。

「バルセロナの偉大な製作家ラウル・ヤゲ氏を偲んで」 2020年2月17日

トーレスの雷文模様で、ギリシャの飾りに近いものを見つけると同時に、バルセロナで知り合った製作家のラウル・ヤゲ氏のことを思い出しました。

残念ながら2014年に他界されましたが、スペインのギター製作家でも稀有な存在で数々のトーレスの楽器の修復にも尽力されていました。

双子で製作していたラウル兄弟の工房でギターを弾くサインス・デ・ラ・マーサ。
工房の入口のアール・デコ風の扉も彼らの作品です。

リョベートの墓前でカルロス・トレパット、
ステファノ・グランドーナ氏と

ラウル氏の製作したロセッタですが、説明しないとすごさがわかりませんね。
雷文模様をカーブのある形状にして、周辺のヘリングボーンも分断した矢になってます。


これは彼から頂いたのですが「Y」の字になっています。
ヤゲという姓のイニシャルだと笑って言ってました。
これも難しいですよ、製作してみれば。

象牙で自作した超ミニ鉋です。
お会いした時に一通り拝見させてもらいましたが
驚くほど小さいです。

私が製作したFE08をお逢いする以前に見ていたので、
ありがたく仕事仲間だと認識して頂いていました。


シンプリシオが使っていたトルナボスをプレゼントしてくれました。
多分、絞り技術で製作されていて継ぎ目のない真鍮のトルナボスです。

スペインでお世話になったり、知り合った製作家も結構他界されて寂しい限りですが、気を取り直して前進していきます。

「横板の象嵌製作」 2020年5月4日

黒檀とメイプルで横板の象嵌を製作します。
白黒の組みあわせパターンでそれぞれ接着
厚みを統一して組み合わせ、
間違いのないように接着します。
接着完了

薄くスライス。ざっと計算すると720/10.5=68.5、
68.5個を4倍(上下の2組)で274個必要になります。

「ロセッタ外周寄せ木細工」 2020年6月4日

  • ロセッタ飾りの外周の寄せ木細工です。

  • 小さなパーツから少しずつ必要な長さに足して伸ばします。

  • トーレスがよく使っていた十字が連続する典型的なパターンができました。
    典型的と言えどトーレスとそれをコピーしていたハウザーにより今の既視感につながっていますね。
  • さらに、トーレスが多分やってみたけど、費用対効果に乏しいのと難易度が高すぎたせいか、他の楽器にはあまり見かけないダイヤパターンの連続のラインを製作します。
    写真ではサラッと取り上げていますが、本当に地道な作業です。
  • 完成したダイヤパターンのラインです。

  • 話はそれますが、今時のギターでダブルトップタイプと呼ばれるものがあるのですが、スキンと呼ばれる極薄の表面板2枚の間にハニカムの特殊な構造物を挟み込んで接着して、一枚の表面板としています。ちょうどこんな感じなんですよ。一目瞭然なので紹介しました。(段ボール写真)

「ヘリングボーン 製作」 2020年9月13日

ギターの飾り装飾の基本のきの字、ニシン(ヘリング)の骨と俗に呼ばれる
矢羽根飾りを製作しました。
ギター製作家を名乗るならヘリングボーンくらい作れないと一端ではないと個人的には思います。

  • 何枚も黒く染色した突き板と白の突き板を用意します。

  • 慎重にそれぞれの突き板の厚みを出してから接着する組み合わせを揃えます。

  • それぞれ接着したものを用意

  • 角度をつけるために少しずつずらして接着します。

  • カンナの削りかすですが、ヘリングボーンに最終的にするには材料素材の廃棄率が半分くらいになってしまいそうです。
    恐ろしくエコではない飾りです。

  • 仕上がりです。製作してしまえばあまり楽器のイメージを決めるようなデザインでもなく地味なものですが、染色から始めると途方もない労力です。

  • 今回でほとんどの基本的な装飾の準備は終わりました。
    私としては此処まででも、やれやれなんですが当時のトーレスの偉業をこの手に感じつつ秋からの組み立てにかかりたいと思います。

guitarra-espanola+guitarra-espanola+エッセイ+yomimono+